規約集

ホーム > 規約集

名称

第1条 本会は、「e-Knowledge コンソーシアム四国 (以下「コンソーシアム四国」という。) 」 と称する。

目的

第2条 コンソーシアム四国は、四国に所在する高等教育機関、地方公共団体、企業その他の法人又は団体(以下「高等教育機関等」という。)が相互に連携・協力し、それぞれの教育研究資源を有効活用することにより、四国の地域づくりを担う人材育成を推進し、四国の自立的発展に貢献することを目的とする。

事業

  • 第3条 コンソーシアム四国は、次の事業を行う。

会員

  • 第4条 コンソーシアム四国は、正会員、特別会員及び賛助会員をもって構成する。

入会及び退会

第5条 会員として入会しようとするものは、入会申込書を次条に規定する会長に提出して申し込むものとし、会長は、正当な理由がない限り入会を認めるものとする。
2 会員は、退会届を会長に提出し、退会することができる。ただし、戦略的大学連携支援事業の共同実施に関する協定を締結している大学はこの限りでない。

役員

  • 第6条 コンソーシアム四国に、次の役員を置く。

役員の選出及び任期

  • 第7条 役員は、運営委員会において選出する。

役員の任務

第8条 会長は、コンソーシアム四国を代表し、コンソーシアム四国を主宰する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、あらかじめ指名した順により、その職務を代行する。

顧問

第9条 コンソーシアム四国に顧問を置くことができる。

運営委員会

  • 第10条 コンソーシアム四国の運営に関する重要事項について、統括する委員会として運営委員会を置く。

企画委員会

第11条 コンソーシアム四国は、円滑な事業運営のため企画委員会を置く。
2 企画委員会に関する必要な事項については、別に定める。

専門委員会

  • 第12 条 コンソーシアム四国に、第3条各号の事業を実施するために、次の専門委員会を置くことができる。
  • 2 専門委員会に関する必要な事項については、別に定める。

外部評価委員会

第13条 コンソーシアム四国の事業に対して評価を行い、もって本事業の改善に資するため、外部評価委員会を置く。
2 外部評価委員会に関する必要な事項については、別に定める。

事務局

第14条 コンソーシアム四国の会務を処理するために、事務局を置く。
2 事務局に関する必要な事項については、別に定める。

その他

第15条 この規約に定めるもののほか、コンソーシアム四国の運営に必要な事項は、運営委員会の議を経て、会長が別に定める。

附 則

この規約は、平成20年10月22日から施行する。

附 則

この規約は、平成24年4月1日から施行する。