四国学について

ホーム > 四国学について

概要

特色ある教育研究の例

 私たちが暮らし、学んでいる四国の地では、独 自の文化や伝統が培われてきました。近年では、 その価値が改めて注目され、市民の関心も高まっ ています。しかし一方では、人口の流出や産業の 低迷など、深刻な課題も抱えています。

 そこで、e-Knowledgeコンソーシアム四国では、「四国学」の構築に取り組んでいます。この「四国 学」では、お遍路文化、地域史、地場産業、自然 環境、防災対策など、四国の特徴を様々な観点か ら取り上げ、四国の成り立ちと現状を深く理解す ることを目的としています。


 e-Knowledgeコンソーシアム四国が進める「四 国学」の最大の特徴は、関連講義の実施方法にe ラーニング(非同期型遠隔講義)を導入している 点です。
 eラーニングは、大学のPCルームや自宅のPC など、インターネットに接続できる環境があれば、 いつでもどこでも何度でも講義を受けることがで きます。また、四国の8大学の教員が共同で教材 (eラーニングコンテンツ)を開発していますの で、自分の大学の講義はもちろん、他大学の講義 も受けることができます。

 この講義を通じて、各大学で行われている四国 に関する研究の最前線に触れ、ぜひ四国の魅力を 発見して下さい。

歴史

四国が歩んだ道程の先に未来を発見します

四国の歴史と文化

  • 坂本龍馬
    坂本龍馬
  • 秋山好古
    秋山好古
  • 金刀比羅宮
    金刀比羅宮
  • 霊山寺
    霊山寺

歴史部門では、古代から近現代までの四国四県に関わるテーマを取り上げます。屋島合戦で源義経軍が辿ったルートを、古文書から復元したり。四国の札所がいつから八十八箇所になったのかを知るために、お寺の鐘に刻まれた文字を分析したり。四国で活躍した先人の歩みを辿ることで、歴史をもっと身近に感じてもらえる講義です。

社会

四国が誇る地場産業を地域活性化に役立てます

地場産業から見た四国の社会

  • 阿波踊り
    阿波踊り
  • LED
    LED
  • 鰹一本釣り
    鰹一本釣り
  • 讃岐うどん
    讃岐うどん

社会部門では、四国四県が全国に誇る様々な産業を取り上げる予定です。四国地域経済の中心を担う農林水産業や食品加工業は、深刻な問題に直面しています。四国が誇る伝統工芸の魅力を、全国に発信していくことも大きな課題です。この講義では、四国が培ってきた資源・技術・ノウハウを継承して、地域活性化への道を探ります。

自然

四国が育んだ風土を理解して環境意識を深めます

四国の自然環境と防災

  • 瀬戸内海
    瀬戸内海
  • 石鎚山
    石鎚山
  • 鳴門の渦潮
    鳴門の渦潮
  • 四万十川
    四万十川

自然部門では、四国の自然の美しさを題材にしつつ、四県ですすむ環境対策や、災害対策の試みを取り上げます。瀬戸内海の生産性低下問題、ため池の歴史と気候変動にともなう渇水、自然地形の成り立ち、南海地震に備える地域防災の最前線・・・。四国の自然のふしぎを探る旅を通して、環境と生活をまもる知恵を身につけよう。

文芸

四国が生んだ文学作品の世界観にひたります

四国の文学散歩

  • 正岡子規
    正岡子規
  • 夏目漱石
    夏目漱石
  • 紀貫之
    紀貫之
  • 菊池寛
    菊池寛

文芸部門では、四国四県を舞台にした文学作品や、四国出身の文学作家を取り上げる予定です。『功名が辻』『坊っちゃん』『二十四の瞳』『眉山』など、四国ゆかりの文学作品は、近年、テレビ番組や映画の題材になることもしばしば。内容や時代背景だけでなく、作者の人物像にも迫りながら、作品の奥深さを一緒に楽しみたいと思います。

写真提供

国立国会図書館:坂本龍馬、秋山好古、正岡子規、夏目漱石
金刀比羅宮:金刀比羅宮、紀貫之
菊池寛記念館:菊池寛