eラーニングとは

ホーム > eラーニングとは

eK4が提供するeラーニングには2つのタイプがあります

eラーニングとは、インターネットなどのICT(情報通信技術)を利用した学習方法です。eK4が提供するeラーニングには、講義の目的によって2つのタイプがあります。eラーニングで受講した講義は、大学の通常科目と同じように、単位として認定されます。

eK4が提供するeラーニングには2つのタイプがあります

オンデマンド型(非同期型遠隔講義)

事前に収録した講義映像や、自主学習用に製作された教材を、インターネットを通じて大学や自宅のPCに配信します。資料配付やレポート提出、小テストの受験、講師への質問などもPC上で行うことができます。

ライブ型(同期型遠隔講義)

連携大学に設置されたテレビ会議システムなどを利用して、実際に行われている大学の講義をリアルタイムで別の大学に配信します。質問やディスカッションなど、双方向コミュニケーションが可能です。

eラーニングにはこんなメリットがあります

いままでの授業では・・・

  • 授業を欠席してしまうと、その回の内容が分からないまま、授業は先に進んでしまう。
  • 先生の話が1回しか聞けず、きちんと理解できなかった点も、そのままになってしまう。
  • 他大学の授業を受けたくても、時間割の関係で難しい。他大学まで行き時間と労力もかかる。

eラーニングを導入すると・・・

  • 就職活動や教育実習、病気などで授業を欠席した場合でも、後から授業を受けることができます。(オンデマンド型)
  • インターネット環境があれば、自分の好きな時間に、好きな場所(大学や自宅など)で、きちんと理解できるまで何度でも、大学の講義を受けることができます。(オンデマンド型)
  • 単位互換を実施している他大学(連携大学)に行かなくても、自分の大学で他大学の授業を受けることができます。(オンデマンド型・ライブ型)

eK4ではすでにeラーニングを導入し実績をあげています

オンデマンド型

現在までに62科目の授業撮影を行い、eラーニング教材として蓄積しています。

各大学で制作したコンテンツの一例

大学名 コンテンツ
徳島大学 世界遺産が語る地理と歴史
災害を知る
鳴門教育大学 阿波学
地域社会研究
香川大学 讃岐学入門
四国経済事情
愛媛大学 四国八十八ヵ所の成立時期をめぐって
あの戦争から遠く離れて(対談)
高知大学 森の未来に出会う旅
流れと波の災害
四国大学 ソフトウェア基礎論Ⅰ
情報ビジネス総論
徳島文理大学 四国の政治と行政(比較行政制度論)
情報社会論
高知工科大学 人工知能基礎
パターン認識・理解

ライブ型

平成21年度には13科目を配信し、427名の学生が受講しました。

平成21年度までに行った遠隔講義の一例

開講大学 科目名 配信元 配信先
徳島大学 知的CAI 高知大学ほか 徳島大学
日本の国宝 徳島大学 香川大学
香川大学 ヒューマンインタフェース 徳島大学 香川大学
新事業創造要論 香川大学 高知大学ほか